FC2ブログ

ポンスイロンガーの投資記録

為替証拠金取引でポンスイ(=ポンドスイス)ロングを機械的に取引してお金持ちを目指します★彡

地方税を節税しよう!! 

今日、地方税の1期目の納税をしてきました。
ポンスイロンガーが住んでいる場所の所轄の税務署は、コンビニで支払いできるのでEdyで支払ってきました。(住んでる所によってはコンビニ支払いできないそうです・・・)
Edyのチャージ限界は5万円ですが、複数枚での支払いもできるので5万円以上の納税でも大丈夫♪(納税のコンビニ支払い可能リミットは別にあるようです)
Edyにクレジットカードでチャージすることで、クレジットカードのポイント分実質節税となりますね♪
Edyチャージがポイントにならないクレジットカードもあるようですので、その辺は注意です☆

世間で還元率最強の呼び声が高いのはライフカード!!
誕生月5倍でポイントいっぱい♪

スポンサーサイト



[ 2007/06/30 21:25 ] 税金 | トラックバック(-) | CM(0)

税金の計算 

面倒なので、税金は控除なしの単純計算とします。(確定申告もやらなきゃ。。e-Taxの紹介も結局してないし。)
昨年の利益は、3,207,916円なので、532,374円を税金とします。
[ 2007/03/10 01:11 ] 税金 | トラックバック(-) | CM(2)

1月からはじめる有効な節税手法?? 

節税といっても利益の繰り延べ手法です。
しかし、利益を繰り延べれば無駄な税金を払う必要がないですし、将来的に金融一体課税が実現すれば50%の税金を払う必要がなくなるはずです。

1.下記口座を2つとも開設します
 マネーパートナーズ
 セントラル短資オンライントレード

2.節税したい額からポジション量を計算します
300万円節税したいとすると、セントラル短資で香港ドルを587万通貨ショートして、マネーパートナーズでアメリカドルを75万通貨ロングします。

3.利益が出ます
すると、あら不思議!
為替変動がキャンセルされた状態で、年間427万円の未確定スワップ益と300万円の確定損失を発生させることができます。(USD/JPY L 156円、HKD/JPY S -14円で計算)
つまり、差し引き127万円の利益がありながら300万円利益圧縮可能ってことです!!
取引コストは無視していますが、長期間持つのであれば取引コストも誤差の範囲になります。

また、中華ショータの取引記録の手法を使えば、利益を出しながらリスクを抑えたポジション構築もできます。
さらに、さらにこの節税手法は他の合成ポジションでも簡単に応用できますね☆(合成ポジションでは為替リスクはキャンセルできませんが・・・)

※香港ドル切り上げリスク、業者のスワップ改定リスク、アメリカの利下げリスクなどいろいろあります。実行する場合はよく考えましょう♪


[ 2007/01/21 00:24 ] 税金 | トラックバック(-) | CM(6)

確定申告って難しい!? 

そんなことはありません!
国税庁確定申告作成のページに行ってみてください。
数値を入れていくだけで、簡単に申告書が作成できちゃいます☆

※まだ、18年度用になっていません。1月中旬対応らしいので待ちましょう。それまでは、17年度用で体験して見ましょう!
18年度用がリリースされてました♪

##ポンスイ2.41突破ですか。。そうですか。
[ 2007/01/10 00:21 ] 税金 | トラックバック(-) | CM(4)

税金対策のため 

ポンスイロンガーが取引してるのはFXCMジャパンの口座になります。
FXCMジャパンではポジションの損益はクローズ時に確定、スワップポイントは都度確定というルールになっています。(個人の場合です。法人は時価会計。)

クローズ時に損益が確定するということは、含み益で持ち越せばそれに税金はかからないということです。逆に含み損があっても確定益があればそれに税金が課せられます。

例えば、年末に
確定益:100万円
含み損:100万円
というプラスマイナスゼロの状態だったとすると、確定益100万円に税金が課せられます。税率50%なら50万円です。
儲けがなかったにもかかわらず50万円とられるのですから、50万円の損失を出したのと同等になってしまいます。

次に、
確定益:0万円
含み益:100万円
の場合はどうでしょうか?100万円儲かっているにもかかわらず、税金は0円です。

税金を考えると、含み益で持ち越すのが有利なのです。
ただし、確定損を出してはいけません。
確定損は次年度に繰り越せないので、そのまま損失になるからです。

初年度:確定損100万円
次年度:確定益100万円

で通算プラスマイナスゼロであるにもかかわらず、次年度の100万円には税金が課せられます。損失がある場合は含み損にして次年度に持ち越すと余計な税金を払わずにすみます。

以上のデメリットを避ける選択肢として、くりっく365を使うという判断もあります。くりっく365であれば、損失繰越が可能なためあまり神経質に考えなくても大丈夫です。また、税率も20%と大変お得です。ただ、残念なことにポンスイはないのですよ☆

ということを踏まえて、しばらく損失を確定していきます。
指値の間隔は同じルールで含み損のポジションからクローズしていきます。
これにより、口座残高は同じで確定益を圧縮できます。
[ 2006/07/05 23:50 ] 税金 | トラックバック(-) | CM(8)
広告



楽天トラベル

ポンスイ取り扱い業者

スプレッド:15 手数料:0
ポンスイロンガーのメイン口座です FXCMジャパン


スプレッド: 8 手数料:500円
一ヶ月の手数料無料期間は最強!
 ・信託保全
 ・取引コスト8pips
セントラル短資オンライントレード


スプレッド: 8 手数料:0
取引コストの安さは同率1位!



スプレッド: 6 手数料:1
取引コストの安さは同率1位!
FX-navi オンライントレード


スプレッド:10 手数料:0
GFTも8pipsになってるという話・・・
AFT-FXダイレクトトレード


スプレッド:10 手数料:0
なんと全額信託保全開始しました!
バランスのいい業者さんです
FX Online Japan


スプレッド: 10 手数料:0
ハイレバレッジと先進の取引ツールが魅力
CMS 日本支店



ブロとも申請フォーム